ハイローで必要な資金はどれくらい?

基礎知識

ハイローを始めるときにどれくらいの資金が必要となり、どれくらいの利益を出せるのでしょうか。また、リスクはどの程度あるのでしょうか。ハイローを始める前に資金に関するおおよその感覚を身につけておきましょう。

資金は5万円でも十分

ハイローを始める場合、用意すべき資金は驚くほど少なくても大丈夫です。

ざっくりとした目安を言うと、1ヶ月ほどで自分が利益を出したいと思っているくらいの金額を用意すれば十分すぎるというレベルです。(取引できる時間にもよりますが、もっと少なくても大丈夫だと思います。)

たとえば、1ヶ月で5万円ほどの副収入が欲しいと思っている場合、5万円の資金を用意すれば十分ということです。ハイローでは、資金を2倍にすることはそれほど高い壁ではないのです。

ただし、資金がゼロになる可能性も無視はできません。

そのため、いくら2倍にしやすいからといってあまり多額の資金を投入するのは避けておいたほうが無難でしょう。このあたりのバランス感覚はハイローをやるうえで重要なところです。

FXで同じ利益を出すにはもっと多くの資金が必要

ちなみに、FXで資産運用をして同じだけの利益を出そうとする場合、ハイローに比べると何倍もの資金が必要になってきます。

たとえば、5万円の利益を1ヶ月で出したいとなると少なめに見積もって50万円程度の資金は必要でしょうか。

それでも、ハイローの場合と比べて10倍の資金が必要になるというわけです。ハイローを始めるために必要な資金は、FXなどの他の資産運用方法と比べても圧倒的に少なくていいのです。

リスクを限定できるのが魅力

さらにFXの場合、うまく運用できればそれでよいのですが、運用に失敗した場合、損失は5万円ですむとは限りません。

投入金額が50万ということを考えると10万円以上の損失が出てしまうことも十分にありえます。

この点、ハイローで運用に失敗したときの損失を考えてみると、そもそも資金を5万円しか入れていないわけですから、それ以上の損失が出ることはありえません。

損失額を限定できるという点は、ハイロー最大の魅力と言ってしまってもいいかもしれません。

最初に「ハイローは資金がゼロになってしまう可能性も無視できない」と言いましたが、当初の資金自体が抑えられるため、実はハイローはリスクを限定しやすいという側面があります。

ハイローの特徴を利用して上手な資産運用を

ハイローのおおよそのイメージがついたでしょうか?

ハイローは取引自体はリスクが高いですが、そのリスクは管理しやすい資産運用方法です。そして、少ない資金でも大きな利益を出すことができるというのがミソです。

小額の軍資金で高いリターンを得られ、リスクは低くはないですが損失は小額の軍資金に限定できる、ということです。

この特徴をうまく利用すれば、少ない資金から投資を始めたり、すでに何らかの投資をしている人でも少ない資金で投資のバリエーションを増やすことができるのです。

タイトルとURLをコピーしました