ハイローのメリット・デメリット

基礎知識

バイナリーオプションのなかでも「ハイロー」のメリット・デメリットについて説明していきたいと思います。

投資をする場合はメリットだけでなくデメリットも含めてその投資を知っておくことが大事です。

ここでは、デメリットを含めたハイローの特徴を確認しましょう。

ハイローのメリット

初期資金が少なくても始められる

ハイローは少ない資金でもFXで何倍もの資金で運用するレベルでの利益を出すことが可能です。

もちろん、その分リスクもありますが、資金管理がしやすいのでその方法をしっかりとおさえておけばリスクをコントロールすることが十分に可能です。(資金管理の方法についてはハイロー攻略カテゴリで詳しく説明しています。)

この点が一番のメリットと言えるでしょう。


取引内容がシンプルで分かりやすい

次に挙げるメリットは、ハイローは現在の為替レートが上がるか下がるかを予想するだけなので非常に分かりやすいという点です。

バイナリーオプションにも色々な種類がありますが他のバイナリーオプションに比べても一番シンプルだと思います。

そのため、初心者でも簡単に始めることができるでしょう。


短時間で多くの取引が可能

3つ目は、短時間で多くの取引が可能だという点です。

業者にもよりますがハイローは基本的に5分ごとには判定時間が到来する場合が多いので、少ない時間で多くの取引をすることが可能です。

他のバイナリーオプションに比べても取引頻度を多くとれるというのは大きなメリットといえるでしょう。

資金が少なくても利益を出せるというのは、この点が大きな理由になっています。他のバイナリーオプションと比べても効率良く資金運用ができると思います。


投資に興味を持つキッカケにできる

そして、当サイト管理人の意見としては、ハイローを通じて為替に関する経験を積んでいくのがいいと思います。

ハイローをやっていると必然的に経済に関することに興味が湧いてくると思います。興味が湧けば今まで聞き流していたニュースも頭に残るようになり、自然と知識も増えていくことでしょう。

ハイローを通じて経済の知識を増やして、ゆくゆくは他のバイナリーオプションやFX、そして株式と、資産運用のステージを増やしていっていただければ、管理人としてもとてもうれしく思います。

ハイローのデメリット

投入金額がゼロになる可能性がある

メリットの部分に効率良く利益を出すことが可能と説明しましたが、リターンが大きいということはリスクも大きいということです。

ハイローでのリスクとは予想が外れ続けると投入金額がゼロになってしまう可能性もあるという点です。そのため、繰り返しになりますが、資金管理は適切に行ってください。

ハイローは損をする可能性もありますが、損をする人は連続してつい熱くなってしまい無茶な投入金額を使って予想してゼロになってしまうというパターンです。

資金管理を適切に行えば避けられることなので、特に初心者の人は始める前にハイロー攻略カテゴリで説明する資金管理手法を理解していただきたいと思います。


勝率を上げるのには限界がある

ハイローで100%の勝率を出せるというのなら夢のような話ですが、残念ながらそういう手法は存在しないと思います。

特に短時間で判定時間が訪れるハイローでは短時間のレート変動を予想する必要があります。しかし、短時間レベルのレート変動はどうしてもノイズが混じりやすく、どんなに知識がある人でも完璧に予想することは難しいはずです。

ただし、ある程度、予想の的中率を上げることは十分に可能です。

参考程度ですが、高頻度で取引をするうまい人でも平均すると70%程度の的中率になるんじゃないかなと思います。(頻度を下げれば的中率をもっと上げることは可能です。)何も知らない初心者ですと始めは的中率50%なわけですが、これを60%超に持ってくることはそこまで難しくないとでしょう。

ハイロー攻略カテゴリでは相場の基本的な読み方についても触れていきますので参考にしてください。

ちなみに、個々の取引での勝率を上げるのには限界がありますが、資金管理をうまく行うことで全体での勝率はかなり上げることが可能です。まずはうまい資金管理術も身につけることが必要だと思います。


海外業者しか提供していない

バイナリーオプションのなかでハイローを提供している国内業者はないため、海外業者を使う必要があります。

海外の業者であるため、国内業者と比べて使い勝手が良くなかったり、適当に業者を選んでいると詐欺業者にひっかかってしまう危険性すらあります。そのため、取引をする業者選びには特に慎重になったほうが良いでしょう。

当サイトでも業者選びに役立つと思われる情報をハイロー業者比較のカテゴリで提供していきますので参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました