レンジ取引での小技

ハイロー攻略

今回はヨコヨコの展開のレンジ取引で使える小技を紹介したいと思います。

簡単に言うと両建ての手法で、トレンドが発生しておらずほとんどヨコヨコの状態、取引も閑散としており値動きが少ないときに使える方法です。

うまくハマれば小さい値動きでも大きな利益を出せるので、ぜひチェックしてみてください。

両建てでリスクが大きく軽減

両建てとは「買い」と「売る」といった逆のポジションを同時に持つことを言います。

ハイローにおいて両建てをするというのは、HIGHの予想とLOWの予想を同時に持つことを指します。

ハイローで同じ判定時間の取引で、うまい具合に両建てのポジションを取れるとリスクをかなり減らし、リターンを倍増させることができます。

たとえばレンジの動きをするなかで、レンジ上限近くでLOWを、レンジ下限近くでHIGHを入れるとしましょう。

この場合、判定時間に相場がレンジを大きく抜けることがなければ、一気に2勝することができ2倍の利益を獲得することができます。

そして、仮に判定時間にレンジを抜けてしまったとしても、2つ持っているポジションのうちどちらか一方は勝っているため、1勝1敗となって損失をかなり抑えることもできます

このように、ハイローではレンジ相場における両建ては有効な手法と言うことができます。

305_01_ryodate

ヨコヨコのレンジのときが両建てチャンス

先ほどの例のようなレンジにおける両建て手法は、損失のリスクを抑えることができると同時にリターンを倍増させることができます。

ただし、いつでも両建て手法が有効というわけではない点には意識しておく必要があります。

たとえば、トレンドが発生していて一方方向に動く相場の場合はうまく両建てポジションを持ったとしても片一方は負ける可能性がかなり高くなってしまうでしょう。

両建てに向いているのは、あくまでもトレンドが発生していないレンジ内で動くヨコヨコの相場になります。

加えて、同一判定時間までにレンジの上限と下限にタッチしないと両建てポジションは持てないので、比較的相場の波のサイクルが短い取引が閑散とした時間帯でないと、なかなかチャンスがめぐってくることはありません。

時間帯による相場の特徴を理解したうえで、両建てをしやすい相場狙うことがとても大切になります。

参考記事:為替取引をするうえで押さえておきたい時間帯別相場の動き

両建てもありということを頭に入れておく

うまく両建てをすることができるとおいしいという説明をしましたが、それほど両建てに適したチャンスが頻繁に来るわけではありません。

そのため、両建てばかりを狙って取引をすると、せっかく相場を監視しているのに取引ができずに終わってしまうこともあるでしょう。

両建てはチャンスが訪れれば迷いなく実行すべきですが、そればかりを狙うのは取引機会が少なくなるという意味で好ましくありません。

「両建てというやり方もあるんだな」と頭の片隅に置いておく、ぐらいのレベル感が良いように思います。

また、両建て狙いで行きたい場合は、相場が閑散になりやすいときを狙って相場監視をするなど、ある程度戦略を持っていく必要があるでしょう。

うまく使えば有効な手法なので、ぜひチャンスがあれば実践してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました