24オプションのYbinaryへの移行について

ハイロー業者の比較

7月31日をもって24オプションの新規口座開設受付が終了となりました。これと同時にYbinary(ワイバイナリー)という名称でのサービスが始まっています。

これに伴って、当ブログの「ハイロー業者比較」における評価について変更を行いましたので、概要を説明しようと思います。

キプロス証券取引委員会からの指導

今回の変更の原因は、24オプションが認可を受けているキプロス証券取引委員会から日本でのサービスをやめるように指導を受けたことだと思われます。

そのため、24オプションでの今後の日本人に対する新規口座開設の受付は取りやめ、別会社を設立してワイバイナリーという名称で同様のサービスを提供することになった、というのが経緯のようです。

ちなみにワイバイナリーのスタッフは元24オプションの日本担当スタッフがそのまま移動してきているようです。

なぜキプロス証券取引委員会から注意が来たのかについては、推測になりますが日本からの何らかのプレッシャーがあったのだと思います。

ちなみに、24オプションは日本以外の国へのサービスは継続されますし、老舗のブランドなので会社自体が違法ということではなく、日本における売買金額が大きくて目をつけられたのだと推測しています。

ワイバイナリーはキプロス以外の国(推測)で設立した新会社が運営しており、そこで金融当局の認可を申請しているタイミングかと思います。

現時点ではサイト上にはその旨が書かれていないので、まだ認可は下りていないと思われます。これが現在のワイバイナリーの状況だと思います。

評価の変更について

以上の状況を踏まえて、ワイバイナリーの当ブログにおける評価を以下のように変更します。

  • 総合評価 ★★★★☆ → ★★★☆☆
  • 信頼性 ★★★★☆ → ★★★☆☆

現状は金融当局の認可が下りていないということから評価は下げていますが、

  • もともと24オプションというしっかりとしたブランドがある
  • 新サービスでもネッテラーを利用することができ、ネッテラー審査はクリアしている
  • スタッフが24オプションから変更がない

という理由からある程度の信頼性は担保されていると見ており、★は3つにしています。

サービスとしては出金手数料が無料になったり、最低取引金額が下がったりと、使い勝手が良くなっている面もあるようです。

もしかすると、ハイローオーストラリア並みに良いサービスになる可能性もあると、個人的には期待しています。

ただし、まだ切り替わって間もないというのもあるので、金融当局の認可が下りるまでは様子見のほうが良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました