マーチンをシミュレーション! 必要資金やおすすめのマーチン回数は?

ハイロー攻略
  • マーチンをやるのに資金はどのくらい必要?
  • ペイアウト率でどのくらい増え方が変わるの?
  • マーチンでどのくらい取引したら資金が2倍になるの?

こんな疑問を持っているマーチン未経験者の人は多いと思います。今回は具体的なマーチンのイメージを持てるように、ハイロ―オーストラリアにおけるマーチンのシミュレーションを行っていきます。

マーチンで必要となる資金

fec9c0cde999dbab7eab29a06ab3c085_m

まず最初に、マーチンをやるために最低限用意しなければならない資金額を確認していきます。

ハイロ―オーストラリアのペイアウト率

最低資金額はペイアウト率によって変わるので、ハイロ―オーストラリアのペイアウト率を参考として紹介しておきます。

取引の種類 Turbo High/Low
30秒 1分 3分 5分 15分 1時間 1日
スプレッドなし 2.00 1.95 1.90 1.85 1.88 1.89 1.90
スプレッドあり 2.20 2.10 2.05 2.00 2.00 2.00 2.00

これを踏まえて、ハイローで必要となる最低資金について見ていきましょう。

4回マーチンなら資金1万円代で実践できる!

ハイロ―オーストラリアでは最低取引金額が1,000円です。

マーチンでは1回目→2回目→3回目……と取引金額を増やしていきますが、1回目の取引金額をもっとも少ない1,000円とした場合が、マーチンに必要となる最低資金です。

マーチン回数別・ペイアウト率別の最低資金は以下の表のとおりです。

ペイアウト率 2.20 2.10 2.05 2.00 1.95 1.90 1.88 1.85
4回マーチン 12,356円 13,512円 14,206円 15,000円 15,914円 16,977円 17,451円 18,223円
5回マーチン 23,654円 26,795円 28,736円 31,000円 33,666円 36,840円 38,281円 40,663円
6回マーチン 44,365円 52,154円 57,104円 63,000円 70,104円 78,773円 82,783円 89,502円
7回マーチン 82,336円 100,567円 112,488円 127,000円 144,898円 167,298円 177,855円 195,798円
8回マーチン 151,948円 192,991円 220,619円 255,000円 298,422円 354,184円 380,962円 427,148円
9回マーチン 279,572円 369,438円 431,733円 511,000円 613,551円 748,722円 814,874円 930,674円
10回マーチン 513,549円 706,290円 843,908円 1,023,000円 1,260,394円 1,581,635円 1,741,867円 2,026,585円

マーチンの回数が少なく、ペイアウト率が高いほど、必要となる資金は少なくなっていきます。

4回マーチンだと1万円台の資金でマーチンを回せますが、10回マーチンだとペイアウト率1.85で200万円もの資金が必要となります

用意できる資金によりけりですが、4~6回ぐらいのマーチンが使い勝手がいいんじゃないでしょうか。

マーチンで資金2倍を達成するまでの道のり

b1f37474369528da0276a798caec7077_m

ハイローにおける最初の目標は資金を2倍にすることだと筆者は考えています。

資金を2倍にしてしまえば、元本分をよけてノーリスクで取引を進めることが可能となるからです。

この章では、この資金2倍を達成するための道のりについて見ていきます。

4回マーチンだと1日での資金2倍も十分可能

さっそくですが、資金を2倍にするために必要な勝利回数を、マーチン回数別・ペイアウト率別にまとめた表です。

ペイアウト率 2.20 2.10 2.05 2.00 1.95 1.90 1.88 1.85
4回マーチン 8勝 9勝 10勝 11勝 12勝 14勝 15勝 16勝
5回マーチン 15勝 18勝 20勝 22勝 25勝 29勝 31勝 34勝
6回マーチン 26勝 34勝 39勝 45勝 52勝 62勝 66勝 74勝
7回マーチン 48勝 64勝 75勝 89勝 107勝 130勝 141勝 161勝
8回マーチン 89勝 122勝 146勝 178勝 219勝 274勝 301勝 349勝
9回マーチン 162勝 234勝 286勝 355勝 449勝 577勝 643勝 760勝
10回マーチン 297勝 446勝 558勝 710勝 920勝 1,219勝 1,373勝 1,653勝

4回マーチンだとたったの8~16勝で資金2倍ということで、かなりスピーディな取引が可能です。1日でも十分いけると思います。(ただし、4連敗で資金ゼロとなるので、負けるのも早い)

一方で、10回マーチンだと297~1,653勝ということで、資金2倍はかなり遠い感じがしますね。(ただし、かなり負けにくい)

マーチン回数は少なめのほうがハイロー向き

4回マーチンの場合は、少額の資金を小分けして投入し、マーチンが崩壊することも想定しながら運用するのが向いています。

すぐに資金を倍にできるため、元本分を出金してのノーリスク取引にも簡単に手が届きます。

一方で、10回マーチンの場合は2倍達成率がかなり遠いため、資金を全力で投入してしまい、マーチンが崩壊する可能性の低さをいかして、利益を積み上げていくようなイメージです。

ただし、実際に発生する可能性はかなり低いですが、10連敗になると一発ですべてを失うというリスクが伴います。

筆者の考えでは、ハイローの長所はFXと違ってリスクを限定できる(=取引金額以上の損失が出ない)ところです。

参考記事:バイナリーオプションとFXの違い

この点、資金を全力投入するようなやり方をしてしまうと、資金すべてを失うリスクがずっと残るため、せっかくの長所をいかしきれていない気がします。

少なめのマーチン回数で早めにノーリスクの状況を作り出すのが、ハイローの長所を最大にいかせるおすすめの方法です。

まとめ

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_m

最後に今回の内容をポイントをもう一度挙げていきます。

  • マーチン回数が少ないほうが必要資金は少ない
  • マーチン回数が少ないほうが投入資金が倍になるのも早い
  • 投入資金が倍になれば、元本割れリスクなしでの取引が可能になる

筆者はハイローはリスクを限定できるのが長所だと考えているので、その長所をいかすためにはマーチン回数は抑えめにしたほうがいいと考えています。

マーチンによる勝率を上げる効果とハイローのリスクを限定する長所の両方をいかせるように、上手にハイローで取引を進めていくことを意識してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました